ストレス社会に打ち勝つ|病気は専門医のチカラで治療

笑顔

原因を追求する

困る女性

原因を考える

今までは好奇心があったのに、最近何をしても楽しくないと感じているなら病気の兆候があるかもしれません。それは精神的な病のサインかもしれないのです。精神科や心療内科、ストレス外来に受診する人の多くが、うつ病の可能性を持っています。うつ病になる原因は様々ですが、必ず原因は存在しています。ですので、なぜこのような症状が出たのかを医師と共に発見していくのです。学生であれば、イジメが原因かもしれません。登校する度に毎日のようにイジメを受けているのであれば、ストレスが溜まって学校に行きたくなくなります。そんな気分を抱え込んだままでいると、心が変化してくるのです。そしてそれらが身体への症状に変わり、心身共にきつい事もあって学校を休んでしまうかもしれません。この場合、学校に行かなければ心身共に楽だというなら、心の病気である可能性が高いです。もし、家にいても体調が悪いなら単に身体の病気か、もしかすると問題は家庭にあるかもしれません。

それぞれの戦場

学生の戦場と言えば学校ですが、働く社会人にとっては会社が戦場と化します。仕事内容や人間関係、それから家庭を持っている人もいるでしょう。学校とは違い、会社で働くとお金がもらえます。最低限の生活をする為には働く必要があり、子供がいるなら養育費なども用意しなくてはなりません。学生よりも考える事が多い社会人なので、ストレスを感じる人も多いでしょう。しかし、給料の良さや通いやすさなどから、なかなか辞められない人は沢山います。また、辞めるのは簡単ですが、次の職に就くことは難しいのです。最近では新卒や大卒でもバイト止まりも少なくない時代となりました。まだ頑張りたいという気持ちがあるなら、精神科や心療内科、それからストレス外来をまずは受診して、病気の有無を調べましょう。

周りがサポート

発病原因が様々なうつ病ですが、主な要因を知ることで発病を避けられるかもしれません。小さい頃にショックな出来事を体験していたり、親族が亡くなったりなど、避けることが難しい要因もあります。しかし、職場や家庭での人間関係や問題などは、トラブルに繋がる前に自分で避けることも出来るのではないでしょうか。また、妊娠や育児でうつ病を発症する人も少なくありませんが、それは一人で抱え込んでしまうからです。周りがサポートする事で可能性を低くする事は可能なのです。職場や学校の人間関係で悩んでいる場合、思い切って引っ越しをするという選択もあります。今までの問題が一気に解消されるので、ストレスフリーの状態になるので病気の発症率を大幅に下げられるでしょう。しかし、ここで注意したいのは新しい環境です。昔の環境を捨てて新しい環境に来るのは良いですが、また新たにスタートさせる必要があります。

Copyright© 2015 ストレス社会に打ち勝つ|病気は専門医のチカラで治療All Rights Reserved.